スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
2007年の最後がコレでいいのだろうか・・・。

一昨日に引き続き、昨日・今日も前見てた某アニメの続編2本見てました。

昨日全13話・本日全26話。

朝からぶっ通し。

ヤバイよね。明らかに。




部屋の片付けしてねぇし。

今年大掃除なしで終わって新年迎えたらどうしようか。

宿題も結局英語のプリントと数学と化学は残ってるし。

あれ、冬休み入ったら眼鏡の度を上げようと思ってたはずなのにまだですねぇ。

あれ、昨日はもうイノセンス終わった久しぶりにひぐらしやろうと思ってたはずなのに結局アニメ見たら終わったし。


やることもやりたいことも、たくさんあって困るわぁ。





さて、新年はどこで迎えようかなぁ。

いや、家の中なんだけど、何してようかと。

去年はライんとこのブログで迎えたよね?確か。

紅白をまず見るかどうかわからんけど。

今年こそ12時ピッタリに小説UPしようかと思ったけどメンドイので止めます。



どうしようかなぁ。






スポンサーサイト
【2007/12/31 14:39】 | 日記 | コメント(1)
な、何もしてねぇ・・・

せっかくの冬休み初日。

朝起きたら普通に7:30.

それから珍しく机に向かっちゃいましたよ!

英語の過去問やりましたよ!

他なんもしてないけど。

それからイノセンスの2週目やってたw

でも2~3時間くらいだったな。結局。

午後はずっとPCの前にいたけど、私は結局何をしていたんだろう?

ブログ見て回って?

ニコニコのランキング見て?

面白い遊戯王のMADのシリーズ後編あったから見て?

小説あさって?

あ、アニメ全13話今日1日で見ましたよw



明日は父親・母親は中山に餅つきにいくそうです。

私はバイトのある長男と結局お留守番。

しばらく止まってたひぐらしやろうと思ってたら母に釘さされましたよ。

1月はそんな余裕ないんだから、今のうちに宿題を終わらせろ。

とのことです。

まったく学生ってヤツは・・・。

数学とか化学とか終わる気しねぇし。

漢字とかやる気がまずないし。






あ、今更だけど、美術部の皆は○先生に年賀状出した?

住所知らないから送らなかったけど・・・。

やっぱ送ったほうがよかったのだろうか?





【2007/12/29 21:32】 | 日記 | コメント(2)
長かった・・・
長かった・・・

今日で学校終わりです。

本格的(?)に冬休みです!

でも宿題はたくさんあります・・・。

数学・英語・化学がメンドウで、更に研修旅行の事前調査なるものをせねばならなくなりました。




長かった・・・

今日やっとTOIクリアです。

発売日12/6に購入してほとんど毎日プレイしてたはずなのに・・・。

終わってみれば同時に始めたサレスは1週間もせずに終わってて。

さらにそれから、サレスに借りてプレイしはじめたサラもまた1週間もせずに終わって。

さらにサラは本日4週目突入したというではないですか。

長かった・・・。

本当に長かった・・・。

プレイ総時間は57時間くらいかな?

サラにグレードのバグ教えてもらってそれで引き継げるもん全部引き継いで終わりました。

レベル57.

とりあえず年内に終わった!

これから2週目入ろうと思いますw
...続きを読む
【2007/12/28 21:08】 | 日記 | コメント(2)
冬休みのバカやろーーー!!

本日、藤優んちに枝ノ月と晃良で行って、クソマジメに冬休みの課題してました。

夏再来、ですね。

今回は補習の後の2時~5時まで。

でも英法の基本構文80は終わらせましたw

数学は終わる見通しが全くたたん・・・。

漢字は捨てました。

古文・漢文アチーブの文法的なやつは答え写して終わりました。

英解の和訳のヤツと過去問がメンドイです。

化学もやる気せぇへんです。

さて、どうしましょうねぇ。




年賀状、さっきやっと印刷しました。

合計18枚。

美術部+過去送ったことのある(筆王に既にデータのある)人onlyです!

たたた+は住所が分かったので新規。

今まで送ってなかったことに軽く驚きました。




さてさて、読書感想画、がまたヤバクなってきましたよね。

昨日は結局ほとんど進まんかったし。

むしろ更なる問題を発生して終わった気がする。




イノセンスもやりたいのになぁ・・・。

全く、時間がいくらあっても足りやしない。


誰か上手い時間の使い方(負担が少ないヤツ)教えてー







【2007/12/26 18:07】 | 日記 | コメント(3)
めりいくりすます?

ホントは今日ってクリスマスなんだよね?

2時に補習終わってから美術のヤツやろうと翠雨と1組で放課後やってました。

だけど隣で晃輝・晃良・のんさま・雫がおしゃべりしてたので、結局はそちらに言ってしまって全然進まなかったという・・・。

意味ねぇ。

しかも結局そのまま6時くらいまでやってて、帰ったらまるで平日のような時間に・・・。

意味ねぇ。

イノセンスが進まねぇよ。

なんかグレード集めのために戦闘とかクエストとかこなしていくのに飽きた。

2週目のために受け継げるもん全部受け継ごうと思ってたのに・・・。

もうラスダン前だから今集めないと意味ないもんなぁ。

今年中には終わらせたいんだけど?

ディレクターズカットをどうするか悩み中。

といっても結局は買うんだろうな。





そういえば、テイルズの新作が出るようですね。

TOV(テイルズオブヴェステリア)

「正義」を貫き通すRPGだとかなんとか・・・。

ちょっと久しぶりな気がする藤島さんですよ。

ハードはやっぱPS2がいいな。

DSあるから買うだろうけど、やっぱりPS2のがいい。

時間制限ついてもそっちのほうがやりやすいもん。

さて、どうなることやら・・・。





【2007/12/25 20:47】 | 日記 | コメント(0)
クリスマス
クリスマス用短編小説




「雪・・・?」

街を歩いていると、視界にチラつくモノに気づき、彼は空を見上げた。

灰色のどんよりとした雲を背景に、チラチラと白い雪が降っている。

今年は少し暖かかったとはいえ、もう冬だ。

ここ最近急激に冷えていた。




街は赤と緑で飾り付けられ、人々で賑わっている。

どこかの“セル・パージ”―――“地球”といったか―――の有名な宗教の祭りならしい。
                     コ コ
あそこは分岐世界が多いから、この世界でも似たような文化がよく入ってくる。

まぁ、時軸が違うから、こっちではそれっぽい時期になんとなく盛り上がってるだけだが。




「今日はありがとう。とってもおいしかったわ」

と、ある店から2人の男女が出てきた。

女は誰が見ても惚れ惚れするほど美しく、やわらかな笑みを浮かべる。

白い肌に鮮やかな若草色の髪が栄え、淡いピンクのドレスを身に纏う姿は別世界のようだ。

一緒にいた男は赤くなって「そ、そんな・・・」と俯く。

・・・なかなか気弱なヤツらしい。

「こ、これ、どうぞ!」

「あら、もしかしてこれ、スレイナのパール?こんな高価なもの・・・」

(やっぱりな。どっかのボンボンか・・・)

「い、いいんです!受け取ってください!」

(あ~、まんまとハマッてやがるぜ)

「だから、その・・・もし、よければ、また・・・ご一緒に・・・」

(にしても、はっきりしねぇヤツだなぁ)

「ふふふ、ええ。わたくしでよろしければ、いつでもお誘いくださいね」

(まったくアイツはいつもいつも・・・)

「じゃあ、これはわたくしからの、少し早いクリスマスプレゼント」

(お、おいおい!?)

女はその男の頬に軽く口付けた。

男の顔は耳まで真っ赤で、口をパクパクさせる。

「このイヤリングのお返しには、足りないかもしれませんが・・・」

「と、とんでもないです!!あ、ありがとうございました!」

(・・・なんか、おもしろくねぇ)



男が天にも昇りそうなほど軽く去るのを女が見送ったところで、彼は深く溜息をついた。

「おまえ、いつも『あんな事』してんのかよ」

「なーに今更言ってんのよ。それよりこれ見て!スレイナの本物の真珠よ!?」

よほど嬉しいのか、かなり興奮して、頬が上気している。

「そっちじゃねぇよ。おまえがいつも男に貢がしてんのはよく知ってる」

「人聞きが悪いわねぇ。いいじゃないの、別に。あっちは気づいてないんだから」

ったく女ってヤツは・・・。

面白くない、が、さっきの男に同情したくなる。

「だからな?ソレはまぁ、おまえがちゃんと(?)ボンボンだけ狙って、まぁ、恐らくは、多分、きっと!ある程度の限度を考えてやってると信じることにしてだなぁ・・・」

腕を組んでかなり信用度の低い前提を力いっぱい言ってみる。

・・・まぁ、今はそれはどうでもいい。

チラと自分より2つ下の彼女を見る。

あきらかに眉をよせて、訝しげにこちらを見ている。

不満そうだなぁ、オイ。

「おまえも女なら、そんな簡単に男になあ・・・」

なんか言いながらイライラしてきた。

それを彼女も気づいたのか、クスッと笑った。

「あら、もしかして嫉妬してるの?」

先ほどの不満顔とは一転しておかしそうに笑う。

「ば、バカ!んなわけあるか!・・・俺は幼馴染としてだなぁ」

「ふふふ、かわいいわねぇ、ケイトったら」

「ジャスミン」

傍から天使の笑みと称されるソレで、笑う彼女の名を、彼は低い声で呼ぶ。

「心配御無用よ。ああしてあげれば、男は皆骨抜きになって、おいしい食事も奢ってくれるし、たくさん貴重な魔晶を貢いでくれるじゃない?もし何かあっても、私がその辺の男に負けると思って?それで用がなくなったら、さよならよ」

天使なんて言ったのは何処のどいつだ。悪魔の笑みで言い切るこの女は間違いなく魔女だ。

コイツを慕っているヤツは腐るほどいるが、この本性を知っちまったらもうダメだな。

きっとショックで再起不能だ。

・・・「知らぬが仏」、いい言葉だ。ちなみに知っている「男」は俺ともう一人だけ。

彼は盛大に溜息をついた。




「そうだ、ケイト、ちょっと付き合ってよ」

「・・・おごんねぇぞ」

美女に腕を掴まれてせがまれようが、相手がコイツなら話は別だ。

彼は低い声で答えた。

「あなたたちだけは、引っかかってくれないのよねぇ」

「たりめーだろ。何年の付き合いだと思ってんだよ」

「まあいいわ。モチロン、そんなのじゃないもの」

一転、彼女は再び腕をひっぱる。

「あ、こら!」



すぐにどこかの店に入ると思われたが、予想に反して彼女は街を素通りした。

さすがに寒い中、コートを着ているとはいえ彼女の整った顔は白く、対照的に鼻の頭と耳はほんのり赤い。

「ちょっと待て」

「え?・・・ちょ、ちょっと」

振り返ったとたんに被せられたのは、先ほどまで彼の着ていたジャケット。

人肌の温もりが残ったソレに触れた途端、じんわりと体が温まっていくのがわかった。

「着とけ。どこまで行く気か知らんが、ソイツならまだ温かいだろ」

「コレ、もしかして・・・」

その温もりは、ただの人肌の名残ではなく、彼の『火』の魔力。

「ホラ、行くんだろ?」

「ありがと」

彼女はニッコリ笑ってまた歩き出した。




「ここよ」

そういって彼女が立ち止まったのは、町はずれにある小さな泉。

真冬だというのに、水は凍りつきもせず、魚が元気に泳いでいた。

「ここ、おまえの?」

「そうよ」

ここに湧いてくるのは、ただの水ではない。

湧き出る水には馴染み深い魔力を感じた。

彼女がそこにしゃがんで覗き込むと、彼女の左耳のイヤリングになっている桜色の宝玉が淡く光る。

水面は揺れ、次の瞬間には数え切れない宝石の装飾品や貴重品が映し出されていた。

そこに先ほど貰ったばかりのスレイナの真珠のイヤリングをゆっくりと泉の中に落とす。

「ここにあるヤツ全部、おまえが男落として貢がせたやつか?」

半ば呆れながら言うと、彼女は振り返らずに小さく笑った。

「うふふ、随分集まったでしょ?全部一級品の魔晶よ。・・・でも、まだ足りない」

「・・・昔っからおまえが魔晶集めてるのは知ってたが、集めてどうすんだ?」

「さて問題です!私があなたをここに連れて来たのはなぜでしょう」

「おい・・・」

あきらかにはぐらかされた。・・・ま、いいけどな。

「知るか」

「もう、つまんないわね。ちょっとはノリなさいよ」

腕を組んで立ち上がると、彼女は拗ねたように少し頬を膨らましてみせる。

「で、何なんだよ?」

「コレよ」

再び彼女が泉を振り返ると、水面から細し水柱が迫り上がってきた。

その水柱の先端には、小さな箱がのっている。

彼女がそれを取ると、水柱は再び泉に戻り、その箱は全くぬれていない。

「何だ?」

片手にのるくらいの赤いフェルトの小さな箱は、緑のリボンで飾られている。

手渡されたソレを、訝しげに見る彼に、彼女は笑った。

「私からのちょっと早いクリスマスプレゼントよ」

さっきもそのフレーズを聞いた気がする。

「ほら、さっさと開けてみなさい」

促されるまま開けると、箱の中には親指ほどの大きさのギター。

「お、おいおいコレ!?」

驚いて彼女を見ると、澄んだブラウンの瞳とかち合う。

「ティルローズの超高級と称される『セレーニ』。パーズナル中探したって、7台しかないわ」

イタズラに成功した子供のような笑みを浮かべ、彼女はいうが、説明されるまでもなかった。

彼がソレに手をかざすと、引き寄せられるようにソレは浮かび、次の瞬間には通常サイズになる。

「マジかよ・・・いいのか?こんなの、いくらおまえんちでも・・・」

彼女の実家は音楽系一般を牛耳る大家で、楽器の高級ブランド『ティルローズ』もその関連会社の1つだ。

しかし、その家における彼女の立場は少し厄介でもある。

だからこそ、この王都レッツリングにて、スピネル=クォーツの下で世話になっている。

「いいのよ。気にしないで」

彼女の笑顔と、ずっと欲しかったモノを順に視界に入れ、その弦を一度だけならす。

「サンキューな。ジャスミン」

子供のように無邪気に輝いた笑顔で彼が礼を言うと、彼女はいっそう微笑んだ。

「どういたしましてwお返しはソレンテルのルビーのネックレス(推定500万ディラ)でいいわw」

「・・・へ?」

「うふふ。ヨロシクねw」

「はぁ・・・・・・・」

そうだよなぁ。相手が相手なんだよなぁ。

もっと警戒するべきだったんだ。クソッ俺としたことがっ!

「『ブリューナク』第一師団の副官殿でしょう?」

この魔女め・・・。

もう一度手の中の『セレーニ』に目を落とす。

一度手にしてしまったコイツを再び手放すなどできようか。

「はぁ。わかりましたよ!買ってやろうじゃねぇの!」

もうヤケッパチだ。

パーズナル中で7台のコレを手放すなんて、結局はできるはずがないのだ。

クソッ。




その代わり、アイツがどうしてこんなに魔晶を集めたがるのか、望みの数がそろったときには、絶対聞かせてもらうことに決めた。















というわけで、クリスマス用に短編を1つ。
ちなみに時々出てくるオリジナル設定のヤツです。
そのうち詳しい設定なんかも載せようかとw

今日は美術部の連中とクリスマスパーティ(?)に行きました。
レストランで夕食食ったら食後に水でお腹一杯になったっていう・・・。
なんとも間抜け。
おかげで今ちょっと気分悪いです・・・。
クソッ!


【2007/12/24 20:29】 | スペリニア | コメント(3)
死ぬ・・・

昨日は学校で研修旅行の説明会がありました。

その後、諸事情によりもともと低かった機嫌が急降下。

→職員室で半ギレしてきました。

大丈夫、中身はちょっとキレてたけど、教頭の前では頑張って抑えてたよw

その後日舞に直行中の車の中で母に散々いいまくってたら興奮して顔が熱かった。

越後獅子、なんとか最後までいきましたよ。

この風邪で自分頑張ったなぁ、なんてw

で、これで熱出てくれればよかったのに、私の身体が中途半端に頑丈で熱ありませんでした。

帰ってから夕食・入浴のあとずっとこたつで体温めてました。

=昨日PCつけてない(!

8時くらいから11時までな。

風邪のときは汗をびっしょりかくくらい体を温めて体内の免疫力を上げるとOKなのだそうです。

母曰く。



そのかいあってか、今日は鼻と頭が治った気がします。

昨日はほんとに酷かった・・・。

喉がまだ痛いのは寝てるときに鼻で息できなくて喉で直接呼吸してたからかと。

やけに喉が渇きます。



おかげでまだ宿題全く手を出していないこの状況。

英解の和訳は11だけやりました。

他(化学とか数学とか数学とか数学とか・・・endless)、全く手をつけてません。

まずは明日のためにこの風邪を治すのが最優先と判断。

よって今、本日初めてPCつけました。

全く、この風邪は酷いな。

平日じゃなくてよかったよ。

でも明日までには治らないと呪うぞコラw





「素敵だね」いいよねw

なんとなくエンドレスw

そういえば去年借りたキンハまだ終わってないんだっけ?

ラスダン直前で。(ォィ

イノセンスも今頑張ってスパーダ君の絆上げ中ですw

ルカ・スパーダ・リカルド

という異色のパーティ

花がねぇ・・・。

今グレード溜め中。




【2007/12/23 15:36】 | 日記 | コメント(0)
チッ、現金なヤツめ

昨日で一応終業で明日からの補習は皆勤がかかっていないためか。

本日朝から風邪が悪化してます。

昨日までは喉だけが3~4日ずっと痛いだけだったのに、今日は鼻とか頭にもきちゃってますよ。

くしゃみもめっちゃするし頭がぼぉ~っとしてて、今日はイノセンス頑張ろうと思ってたのに・・・。

おかげでずっと家でぼぉ~っとしてましたよ。

せっかくの休みを有意義に過ごせなかったのがまことに残念です。

熱でも出てくれれば一気に叩けるのに・・・。

ホントに今日は何もできなかった・・・。

なんとしても24日までには治すけどねw






今エンドレスで「素敵だね」流してるんですよ。

なんかいきなりFFXが懐かしくなりました。





【2007/12/21 21:19】 | 日記 | コメント(1)
今日で学校お~わりっw




なわけあるかっww




いや、実際今日は(午前中平常授業後)終業式で、明日は休みなんですよ?

でもね!?

明後日(土曜)から補習ですよ。

実質冬休みなんて1週間かそこらです。

そのクセ何!?

この夏休みかと思うような宿題の量は!?

ある程度は出るんだろうなって思ってたけどさ、これはありえないでしょ!?

英国数だけでも死ぬのに化学・地理とか・・・。

国語はまぁ、何とかできん量でもないからいいとして。(漢字やる気0)

化学とか、まず授業でやってることわからんのに問題なんて解けるかっ!

数学とか何が楽しくて100題も?

正攻法でいったら私1題解くのに2、30分はかかりますよ。平均で。

正攻法でなんて宿題やったことほとんどないけど。

そして私はどうもギョベちゃんが嫌いです。

宿題出すときのあの言い方と顔がキライです。

なんか見ててイライラします。


やはり一度全員で宿題ボイコットやるべきだと思う。

学校の私の机ではそんな勇士の署名を集め中です。

30名(できれば上位30名)が参加してくれれば本当に実施する心積もりです。

今のところ、この企画の立案者である私(数学希望)と神様(漢字希望)。

そしてサラ(地理・化学希望)・枝ノ月(化学希望)・ライ・たたた+(化学希望)

それから隣のクラスで布教しててそちらで署名してくれたんだけど、担任に見つかって消されてしまった勇士・翠雨。

の7人ですね。

皆さん是非参加してください!




といっても、このブログ知ってる人はもう知ってるんだよねw

知らなかった人は是非参加してくださいw




【2007/12/20 21:31】 | 日記 | コメント(1)
絶望したっ!!!





リアルにやっちゃった感100%。







今日ね、サラとね、イノセンスのワイヤレスモードやろうって話で、DS持って来てたんですよ。

放課後は職員会だから先生たちいないしってことで。

やってたんですよ!

ワイヤレスやんないと手に入らないスタイルもゲットしましたよ!

でもね、部活中にやってたんだけど、(周りの人たちはマジメに読書感想画してました)

サラが途中で帰ってから読書感想画の色塗り(絵の具)を1時間で足掻いたんですよ。

んでね、6時になってさぁ帰ろう、って話になって・・・。


枝ノ月と一緒にチャリで途中まで帰ってました。

枝ノ月と分かれて少ししてから気づいた。




DS美術室の机の中に入れっぱだぜ☆(汗




中身の点検とかってされるのかな?

見つかったらヤバイよね?

絵塗ってるときは忘れちゃダメだ~って考えてたハズなのに、その時になったらキレイに忘れてましたよ・・・。

明日早く行っても美術室って開けてもらわないと入れないよね?

谷モッチなら大丈夫かな?

メイトの青い袋に入れてるから大丈夫かな?

昨日ちょっと忘れ物しちゃったんですけどいーですか~?って・・・。

今日はレベルをひたすら頑張って上げようと思ってたのに・・・。

発売日からやってるのに、数日前から始めたサラに抜かれましたよ・・・。






あぁ、やっちゃった感100%。


【2007/12/18 21:00】 | 日記 | コメント(1)
全くパソコンってヤツは・・・

そろそろ年賀状の時期ですよね?

今日母が買ってきた年賀状用のイラストをやろうってなってたわけなんですが・・・

そのCD-ROMがうちの「筆王」に対応してないみたいなんです。

んで、ショックを受けつつ今買いなおしに行ってるんですが。

私はそれ待ちです。

機械音痴の私がソレやんなきゃいけないんです。

夜までには終わると思ってたのに、長引きそう・・・。

だからこの時期はキライなんだ!

つか、一昨年までは次男がしてたのに・・・。

メンデェ・・・。




ニューアクションとかまだしてないし。

明日の朝にやったんで間に合うかなぁ。

ま、どっちにしても答え写すだけなんですけどねw



イノセンス・・・なかなか進みませんなぁ。

アンジュに負けてちっちゃい画面がイヤになってD2に逃げました。(コラ

レベル50でリアラ助けに行ったら後が楽勝だぜw

(イノセンスしながらオート戦闘でレベル上げしてた成果)

さっきハロルドが仲間にw

ちなみに私のパーティはジューダス・ロニ・リアラ・ハロルドです。

私はリアラですw後衛大好きw




夢の中の話を見ながら小説でここをどうやってやるかとか考えてました。

ちょっとまだ不確定なところがあるんだよねぇ。

大筋は決まってるんだけど。

あ~、また台詞写しやんなきゃ・・・。

授業中に書くから調べられんし。

ここ数年あんま授業マジメに聞いてねぇな。(ヤバイって



【2007/12/16 17:34】 | 日記 | コメント(2)
さらしが長くて思いです

今日は日舞の日でした。

昨日のバドミントンで両手筋肉痛(持ち替えながらやってたから)なのに、今やってる日舞の長唄「越後獅子」の中でも最もメンドウ・・・もとい、山場でした。

長くってね、重くってね、それを両手にそれぞれ持って振り回すんだよ。

しかも、来週あると思ってたら来週の土曜は研修旅行の説明会だよ。

あとラストだけだったのに・・・。

年末年始挟んで1月まで覚えていられる自信がないよ。

説明会って何時までだっけ?

遅くなってもいいよって言われたから、行けそうだったら行かなきゃね。


あぁ、筋肉痛が悪化しそうだ・・・。




本日やっと犬夜叉51巻まで読み終わりましたw

早く続きが出ないかなぁ~ww


そしてこの週末でイノセンスがどこまでいくか・・・(まだ終わってない)

なかなか進みませんな。

いつも日曜に朝から晩までやって一気に進めてたから、2時間とかいう微妙な時間だとちょっと使い方が・・・。

生活というのも大変です。



【2007/12/15 20:09】 | 日記 | コメント(2)
最近サボリがち

いやね、帰ってから11時に寝るまでに、犬夜叉5冊読んで(1冊30分)、飯食って風呂入って、イノセンスしてってしてたらなかなかPCまでこれないんすよ。

つけても皆のブログとかお気に入りのサイト巡って終わっちゃったりw

読書感想画も今月中に完成(?)させろって言われたし。

全く大変だな。

時間がないってのに。




昨日くらいから体育がマラソンです。

っていっても、今はアリーナで5分走ったあとでバスケとかそんな感じだけど。

でも、はっきりいって筋肉痛ですよ。

普段動かないのに・・・。

マラソン大会とかイヤですよ。

先生に一番嫌そうな顔してたって言われた。

あたりまえだーー!!


【2007/12/14 19:01】 | 日記 | コメント(0)
風邪、ですかねぇ?

数日前からどうも喉が痛くて。

大変ですよ。




それはそうと、サラから借りてる犬夜叉、今35巻ですが。

ナツイ・・・かなりナツイよ!

アニメはリアルタイムで見てたからw

あ~、こんな話あったなぁ、とか。

あ~、こんなヤツいたなぁ、とかw

面白いよねw犬夜叉面白いよねww




さて、美術のヤツ、木曜までに下書き完成させろとのことです。

どうしましょうねぇ。

背景が問題なんですよねぇ。

家にいると絶対しないし・・・。




そういえば最近またトリス入らなくなってるなぁ。

だって、今イノセンスやってるしw

でも総プレイ時間16時間ですよ。

レベル28ですよ。

できるのが大抵夜の9時から11時までの2時間だからね。

日曜はちょっと頑張ってたけど。

画面ちっちゃいからずっとやってると、ただでさえ疲れやすい私の目が・・・。

クリアはいったい何時になるのやら。


【2007/12/11 21:43】 | 日記 | コメント(0)
目が・・・目がぁ!


朝イノセンスの予約特典見てからD2オートでイノセンスやってた。

レベル41→47。あんま変わんねぇな。

イノセンスのほうは今火山のあるとこまで。

レベルは確か24,5くらいだった気がする。

戦闘後のコイン集めには慣れました。

絆が相当偏ってるよ。


OPはやっぱりPS2で見たときのが良かった。




そういえば、明日はクラスマッチだけど、そんときの定着テストってどうなるの?

ニューアクションまだ手つけてないけど。

ウィークリーもしてないから火曜になるとかはやめてほしいなぁ・・・。

【2007/12/09 17:30】 | 日記 | コメント(0)
サラから借りたロストとタナトスをやっとケータイに落とせました。

日舞から帰ってきてからずっと聞いてたらこの鬱さにも慣れるというもの。

個人的には「永遠の少年」と「ゆりかご」と「壊れたマリオネット」と「輪廻の砂時計」と「タナトスの幻想」が好き。

ピコは大好きですw




イノセンス、全然進んでねぇや。

今総プレイ時間が6時間ちょい。

で、エンカウント250超えたそうです。

レベル16。

さてさて、明日は日曜なんだよねぇ。

D2オートでレベル上げしながら隣でイノセンスとか?

あ、そういえばまだ予約特典のDVD見てねぇや。

明日は見ます。

PS2に触れるのでw


...続きを読む
【2007/12/08 20:36】 | 動画 | コメント(0)
月夜は「苦労人」の称号を手に入れた!

・・・昨日な。

部長様に言われましたよ。

って、全然うれしくねぇーーー!




さて、昨日はPC触りませんでしたよ。

帰るのはいつもより早かったのに、犬夜叉5冊読んだら夕飯。

その後は買ったばっかりのイノセンスやってたからw

噴いたよ。マジで。

前世とか、天上とか、地上とか、聖剣デュランダルとか・・・etc.

いろいろネタが混ざりすぎてて・・・w

アニメーションはキレイなのにやはり小さいから目が・・・。

また目が悪くなるな。

戦闘の後にコイン拾ってフリーランで走りまくるのがメンドイです。

実はまだ予約特典のDVD見てなかったりw

さて、何日でクリアできるかなぁ。

私はそんなに早いほうじゃない上、戦闘は苦手だし。

テレビゲームじゃないから、自分でちょっといろいろ加減しながらしないといけないしねぇ。(メンドイ



【2007/12/07 18:38】 | 日記 | コメント(0)
撃沈。

三者面談ってヤツは、早く学校が終わっていいんですけどねぇ。

本日初日にして撃沈してきました。

やはり得意不得意の差が激しすぎて相殺しきれなかった・・・。

しゃーねーよ。

必要最低限赤とらない程度の努力しかしてねぇんだから。





さて、明日はイノセンスの発売日です。

テイルズなので一応は。

でも明日は同好会の日なので、きっと帰りが遅いです。

そこでサラの提案が私の中で採用されました。

3時頃に一度学校が終わるんですよ。

それから一回荷物学校に放置で家近くのカメクラに行って買ってくる。(往復に約45分~1時間)

そして学校に戻ってきて同好会活動orイノセンス。



枝ノ月に「お前はテイルズと美術どっちが大事なんだ!」とお叱りを受けました。

確かに美術も大変なんだよね。

12月中に読書感想画完成させるつもりでやれって言われたし。

まだラフの段階で訂正受けてるとこだし。


でも最近暗くなるの早いから、帰りには寄り道したくないんだよね。

部活終わったら文化祭頃に8時帰宅してたみたいな暗さなんだもんw

カメクラ自体は1時まで開いてるらしいけど。(長男談

ということで、イノセンス優先させて頂きます。m(__)m





そろそろクリスマス用の小説書こうかなぁと。

去年は結局途中で止めちゃったんだよね。

ちなみに今年はオリジナルで行こうと思いますのでw



本編も私のはオリジナル要素てんこ盛りですよ。

とくにこれからはw

でも次更新するのはいつになるかなぁ・・・。

内容はできてるんだけどねw(ォィ

だってメンドくさ・・・なんでもありません。



【2007/12/05 21:47】 | 日記 | コメント(1)
明日は三者面談

成績が返ってきます。

ちょっ!心の準備がっ!!

PM4:40からなので、結構遅い。

それまで学校で居残りですよ。

そういえば明後日はイノセンスの発売日ですね。

私、一応予約してるんで、帰りに取りに行かなきゃいけないんだ。

でも明後日って部活あるよね?

帰るころって結構暗いよね?

・・・どうしようなぁ。

明日だったらまだ帰りに母親に乗っけてってもらえるのに。



【2007/12/04 21:02】 | 日記 | コメント(0)
第11話 「お前は、本当に“フルート”なのか?」
もうすっかり夜の帳の降りた世界では、月明かりと星の輝きだけが支配している。

頬をすり抜けていく夜風は、肌寒さすら感じさせた。

温暖なセインガルドでも、春はまだ夜の気温が低い。

その風にさらわれて乱された黒髪も、通り過ぎるとゆっくりと元のように整う。

屋上に出たフルートは、何をするでもなく、手すりにもたれかかった。

「ねぇ、アミマーニ」

『どうしたの?』

小さく呼びかけると、どこからともなく声が応える。

「フィオ、大丈夫かしらね・・・」

『エルムもついてるわけだし、さすがに大丈夫なんじゃない?』

どこからともなく舞い降りてきた宵闇色のインコのような小鳥は、フルートの伸ばした人差し指に静かにとまる。

それより、と軽い口調から一転、真剣な声で続けた。

『わたしは、ミナのほうが心配だよ』

小鳥は本当に心配しているのだろう。

首をかしげて覗き込んでくる。

フルートは小鳥の本心からの優しさに、わずかに笑みを浮かべた。

「私は、大丈夫だよ。・・・まだ」

変わってしまった。

初めて会ったときと、同じ季節。

でも、全てが変わってしまった・・・。

・・・今宵が同じ満月でも、今宵が朧月でないように。

スッと夜の冷たい空気で肺を満たして、静かに音を紡いだ。





「こんな時間に、何をしている?」

突然背後から聞こえた、耳に慣れすぎた声に、フルートの肩はビクリと揺れた。

宵闇色の小鳥も、闇に紛れるようにしてサッと飛び立つ。

・・・彼には、きっと見えなかっただろう。

「あなたこそ、こんな時間にどうしたのですか?」

努めて冷静な声で、うるさい鼓動に聞こえないフリをして、フルートは振り返った。

「明日は朝一の船でスノーフリアへ行くのだろう?そんな格好で、風邪でもひいたらどうするつもりだ」

黒衣をまとい、奇妙な骨の仮面をかぶった少年だった。

ああ、キミは昔と変わらないね。

あの頃のまま、優しいキミ。

「・・・心配、ですか?」

違うのは私だけ、かな。

素直にありがとう、と笑えない今の私。

こんなにも2年前に――この世界の時間軸では、20年前か――似たシチュエーションなのに・・・。

声が震えないように、冷たく、冷静な“フルート”を保つ。

彼にわからないように、自然を装って背後の手すりにつかまる。

“ミナ”を出してはならない。

「・・・・・・・」

ジューダスは何も言わずに、フルートの隣に立って、満月の昇る夜空を見上げた。


「さっき、歌っていただろう」

沈黙を破ったのはジューダスだった。

フルートは思わず目を見開く。

「聞いて、たんだ・・・」

思わず口をついて出た呟きは、小さかったが、隣にいた彼には聞こえていた。

やはり変わったのは自分か。

昔は、自然と風の声が聞こえたから、歌いながらも彼の存在に気づいた。

今は、コントロールしてしまっているから・・・。


「お前は、本当に“フルート”なのか?」

まっすぐにフルートを見据えるジューダスの視線は、逸らすことを許さなかった。

奇妙な仮面の隙間からは、綺麗な紫水晶の瞳が月明かりの下ではっきり見える。

この瞳をこんなに間近に見たのは、本当に久しぶりだった。

今はその瞳に、期待の色が窺える。

鼓動の音が余計に大きくなる。

でも、ここで応えるわけには、いかなかった。

「私は、“フルート”です。・・・“ジューダス”」

その紫水晶を真っ直ぐ見据えて、突き放すような冷たい声で、言い放った。

彼の瞳は翳りを帯び、「そうか」と彼女から視線をそらす。

「私はもう寝ます。あなたも、お早めに」

これ以上、その瞳を見ていたくなくて、居た堪れない気持ちを理性で抑えて、フルートは身を翻し、屋上から去った。




「・・・ごめんね」

小さな呟きは、誰にも聞かれず、静かな闇の中へ消えた。











あはw久しぶりの本編小説ww
前に更新したのは3月だってw
もう12月ですよw
やっと過去編の初日が書けたから、更新しました。
文面にはあんま関係ないようでいて、自分内では定まんないと書けなかったもんでw
あとは気分と時間の問題。
まだ過去編終わってないんで、コレの続きはまたいつ更新になるか・・・。
1章の書き直しもやってるしねぇ。
まぁ、たぶん、こんなには空かないと思います。・・・たぶん。


今日D2でレベル上げやってたらいきなり戦闘中にフリーズしやがって!
セーブしてなかったから、せっかくの努力が水の泡です・・・(泣
こんなときに思い出すのはEの攻略本(いのまたさんの絵が表紙のバリル城までしか無いヤツ)
のガーネットクロウのインタビューに載ってた
「セーブは小まめにね(笑)」
ってのを思い出します。(ナツイナー
最近そんなバカな失敗ばっかりやってて・・・。
頑張ります。はい。



【2007/12/02 17:36】 | 本編小説(2章) | コメント(0)
風水月


分岐したブログからメインを経て、放置から一応復活。 なので更新不定期。 主にテイルズとか、SHとか、オリジナル小説とか、夢小説とか、鬱日記とか…etc

プロフィール

月夜

Author:月夜
一応女子大生(笑)になりました。
テイルズ(特にオリDのリオンとジューダス)が好きでアニメや漫画が大好きなSHローランです。
ちなみに更新率は再び極めて低くなることと思います。
そうです。いつもですがスランプ絶好調です←
創作活動としては、オリジナル小説1つと、TOD&D2のリオン&ジューダス相手の夢小説(一部非公開)と、友人とやってる共同オリジナル小説(非公開)です。

一応声優志望なのですが、どうにも地元から脱出しそこねて、いろいろ大変なことになっています。

このブログを今後更新するときはもしかしたら鬱日記が多くなるかも…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。